ホーム > マガジン > 収納 >

片付けられない方に…ハードル低...

片付けられない方に…ハードル低めの投げ込み収納がオススメです!

収納 Date : 2019.12.24

片付けられない(リバウンドする)理由は何?

仕事が忙しく片付ける時間がないという方や、片付けが苦手でどこからどう片付けたらいいか分からないという方からの相談をお受けすることが良くあります。
また、それと同じくらいの頻度で「片付けは出来るけど、すぐにリバウンドしてしまう」
「せっかく片付けたのに、いつの間にか部屋にモノが散乱してしまう」というお声もたくさん!
せっかく片付けたお部屋が、リバウンドするのはなぜでしょう?

生活動線に合っていない収納

例えばリビングで良く使っているグッズが、ダイニングに収納されている場合、何度片付けても気付くとそのグッズが出しっぱなしになってしまうという現象が起きます。
使う場所の近くにそのモノの収納を設けることが大切です。

アクション数の多い収納を使っている

使いたいモノを取り出すのに、引き出しを引き、その中のボックスのフタをあけて取り出すといった行動を取らなければいけない収納を使っていませんか?
使う時はもちろんですが、使用後は同じアクション数でそのモノをしまわなければいけません。
となると…
おのずと出しっぱなしになってしまう。
使用頻度の高いモノはできるだけすぐに取り出せるような場所に収納することをオススメします。

以上のことを踏まえたうえで、私がオススメする収納方法があります。
ちなみに、我が家は家族全員がお片付けスキルはかなり低め。
筆者の私もしかりで、ラクしてスッキリ暮らす方法がないかと模索した結果、以下の方法がベストだったのでご紹介させて頂きますね。

よく使うモノは、使う場所の近くに投げ込み収納

思い切って出しっぱなし! リビングの小物収納

小物収納

我が家のテレビボードの上にあるバスケット。
このバスケットの中は、リモコンや子供たちが使うゲームグッズなど、細々したモノが投げ込まれています。

小物収納

ワンアクションで片付けができるので、出しっぱなし現象を防ぐことができますし、取っ手付きなので持ち運びにも便利です。

目線より上に置くとさらにスッキリ

バスケット収納

ダイニングキッチンには、目線より高めの場所にバスケットを置いています。
子どもたちはもちろんのこと、私でさえも普段の生活では中を覗くことができません。
このバスケットの持ち主は我が家の主人。

バスケット収納

趣味の釣り用の小物が投げ込まれています。
このバスケットを採用する前は、釣り道具を買ってくる度にリビングやダイニングに出しっぱなしにしていたので、このバスケットに投げ込んでもらうようにしました。
覗き込めない位置に置くと、中身がどんなに鮮やかなモノでも気にならないので、カラフルなモノに関しては「高めの場所に収納する」というのもオススメの収納ワザ。
この方法を採用した場合は、踏み台なしで手の届く位置に置くようにしましょうね。

片付けが苦手な我が家で大活躍の「投げ込み収納」
同じようなお悩みをお持ちの方にはぜひおすすめしたい収納アイデアです!


著者紹介
佐々木 なほ
北欧×和インテリアが大好きなワーキングマザーです。
「働いていても子供がいても、心地よい暮らしがしたい!」と整理収納アドバイザー1級を取得しました。

インテリア・収納・おうちごはん…何げない日々のキロク
WITH LATITICE
http://n-lattice.blog.jp/

INFORMATION

  • PAMPHLET

    資料請求

    HIRACOについてよくわかる
    HIRACOコンセプトブック
    無料プレゼント

    資料請求はこちら
  • EVENT

    イベントを
    チェック

    隔月に1回、家づくりに関する
    イベントを実施しています。

  • CONSULTATION

    家づくりのプロへ
    無料相談

    tel.096-288-6355

    受付時間 / 10:00〜19:00
    毎週水曜(GW・お盆・正月定休)

  • CONTACT

    メールでの
    お問い合わせ

    お気軽にお問い合わせください。
    来場予約も受け付けております。

    お問い合わせはこちら

HIRACOは、コンセプトブックの無料送付や、家づくり相談会のご予約をお承りしています。
また、気軽に家づくりに触れられるイベントを適宜開催しております。
ご予定をご確認の上、ご予約ください。