ホーム > マガジン > 収納 >

収納率よりも大事?突発的な荷物...

収納率よりも大事?突発的な荷物に備えた「空きスペース」

収納 Date : 2019.11.30

収納はどのくらい必要?

家の収納スペースは、どのくらいあれば満足できるのでしょうか?
一般的には家の総床積に対する収納面積(収納率)が12パーセント以上あれば
十分に収納スペースを確保できていると言われているようです。
我が家も家を建てる際には、この収納率にはこだわって建てたつもりですが、実は収納率以上にお勧めしたい収納のポイントがあるんです!
ということで。
今回は収納率には触れず(笑)そちらをご紹介させて頂きます。

収納率よりも大切な「空きスペース」

我が家の和室です。

和室

和室には一面に造り付けの収納を設けています。
この収納には、オフシーズンの毛布やブランケット、クッションカバーの他に、来客用の布団セットを収納しています。
扉を開けるとご覧の通り、びっしりとモノで埋まっています。

収納

ただ、一番左側のスペースはお客様用のスペースとして普段は何も置かないようにしています。

収納

お客様がご自分の荷物をここに置けるように、ハンガーポールとハンガーも完備。
小さなミラーも扉の内側に付けました。
このスペースは単純に来客用だけではなく、突発的な荷物が出た時にもよく使います。

収納率にこだわり収納をできるだけたくさん設けることも、家をスッキリと保つのに大切なことかもしれませんが、「空きスペース」を確保することで、どんな時でもモノが溢れない家を作ることが出来るのです。

「空きスペース」はわずかな広さでOK!

先ほどの和室の例は割と広いスペースを空けていますが、実はわずかな広さでも十分!
例えばこちらは廊下の収納です。

廊下収納

可動棚2枚分のスペースを空けています。
ここは、夏休みなどの長期休暇の間だけ子供たちのランドセルと学校で使う道具を収納することにしています。
一年のうち2~3カ月間ほどは、ここは荷物でいっぱいになりますが、それ以外はこのようにガランとした空間に。
ここも突発的な荷物が発生した時に、一時置き場として大活躍しています。

家に数か所でもこのようなスペースを設けておくと、どんな状況にも対応できるので、モノを床置きしなければならないようなシチュエーションに遭遇せずに済むのです。

収納率よりも、空きスペース!「ここにはモノを置かない!」と決めることで、結果的には不必要なモノが増えることへの抑止力にもつながっていくので、一石二鳥のアイデアだと思っています。

廊下収納

みなさんもぜひ、「モノを置かないエリア」を確保してみて下さい!

 

 


マガジンの更新情報をメールでお届けするメルマガはじめました♪登録は画像をクリック▼

 

 


著者紹介
佐々木 なほ
北欧×和インテリアが大好きなワーキングマザーです。
「働いていても子供がいても、心地よい暮らしがしたい!」と整理収納アドバイザー1級を取得しました。

インテリア・収納・おうちごはん…何げない日々のキロク
WITH LATTICE
http://n-lattice.blog.jp/

INFORMATION

  • PAMPHLET

    資料請求

    HIRACOについてよくわかる
    HIRACOコンセプトブック
    無料プレゼント

    資料請求はこちら
  • EVENT

    イベントを
    チェック

    隔月に1回、家づくりに関する
    イベントを実施しています。

    イベント情報
  • CONSULTATION

    家づくりのプロへ
    無料相談

    tel.096-288-6355

    受付時間 / 10:00〜19:00
    休:水曜・年末年始他

  • CONTACT

    メールでの
    お問い合わせ

    お気軽にお問い合わせください。
    来場予約も受け付けております。

    お問い合わせはこちら

HIRACOは、コンセプトブックの無料送付や、家づくり相談会のご予約をお承りしています。
また、気軽に家づくりに触れられるイベントを適宜開催しております。
ご予定をご確認の上、ご予約ください。